「肴の町」
元々は魚がうまい町で有名だったが、いつしか魚が捕れなくなり、
いつしか情報収集で有名な町になってしまった。
ある情報を手に入れに来た男は一人の町娘に噂ひしめく酒場の場所を聞いた。
「ようこそ、酒のつまみは魚ではなく噂の町へ、酒場はあちらよ」
「ありがとう」
「気を付けてね必要以上のつまみを(噂を)を食べると巡回魚にマークされるわよ」
「気を付けるよ」
そういって去っていった町娘の後ろ姿を見て、ふと、この子とはまた会いそうな気がするよ。と思った。
さて、酒場に向かおう。

313